桜は『春めき』

accessmail

『春めき』


農業を通しての花の力に気がついた古屋富雄は、地もと南足柄市からあしがら花紀行(花による地域おこし)を行いました。

南足柄市では、また、南足柄市のTOMIOファーム・ユートピア農園では、季節ごとの花で彩られますが、 3月中旬から下旬には彼が品種登録をした桜「春めき」が市内を花でいっぱいにします。

一般的に桜というと4月開花のソメイヨシノ「新入生を迎える桜」ですが、『春めき』は3月に開花「卒業生を送る桜」として愛されています。




 ※春めきの販売について→メールで問い合わせ tomio_furuya3032@yahoo.co.jp


「春めき」とは
 
春めき巡り
     
   
卒業生を送る桜「春めき」
 
モバイル春めき
     
   



『春めき公式movie』(ロングバージョン)

 

『春めき』のお問い合わせ、お買い求めは →tomio_furuya3032@yahoo.co.jp
→『春めき』の販売価格等はこちら

2017年の夜桜春めき

2016年の春めき

右二つは同時期(3月)の菜の花、ブロッコリー

2015年の春めき

 


2014年10月『春めき』が屋久島に渡りました→詳細は地元新聞

鹿児島県屋久島町の姉妹都市である熊本県菊陽町からの依頼です。
交流事業としての意義や、また植物の南限を知る意味でも多いに楽しみです。
今後の『春めき』の活躍に期待して…。『春めき』クン達、いってらっしゃい!

 

「卒業生を送る桜」として全国の小中学校に『春めき』を贈る取り組みを続ける中、春めき独特の香りを感じてもらおうと、盲学校にプレゼントしています。
→タウンニュースpdf
 →神静民報pdf
→毎日新聞(2015年3月16日夕刊)に取り上げられました。
毎日新聞(福岡4月6日)でも取り上げられました。(有料会員記事)

→2014年2月23日長野県飯田市へ『春めき』をプレゼントしました(pdf)
→タウンニュース(足柄版2014年3月1日号)に『春めき交流で花咲く』紹介されました

→平成25年も『春めき』を京都の小中学校に贈りました(pdf)
『春めき』を全国の学校に贈るようになったいきさつ(pdf)
→『春めき』についての農林水産省HPでの説明(pdf)

→南足柄市の『春めき』桜祭りの案内は南足柄市HPで。
→足柄観光協会HP


下の写真をクリックすると、大きなサイズでご覧頂けます。
「篠窪・蜂の舞う里」(足柄上郡大井町)
   
 
 
   
「春めき」は順応性が高い桜です。
下の写真のように、街路樹として使いやすいよう縦に伸びるよう育てることもできますし、ビルの屋上など限られた場所で飾りたい場合には、小さくコンパクトに育てることも(モバイル春めき)可能です。
ユートピア農園
   
「春めき」は、先がぼんぼりのように丸くなるのが特徴です。
 
ふくざわ公園
   
春木径・幸せ道桜まつり 
桜の木々、雄大な自然に囲まれて、ゆったりと幸せな気持ちで歩く事ができます。
 
一の堰ハラネ春めき桜まつり 
ひな壇のように並ぶ桜の木々は、遠くから見ても近くから見ても圧巻です。
 
山の上など高い所では、開花が少し遅れます。
 
 

   
   
   
   
→春めきのご注文、お問い合わせはtomio_furuya3032@yahoo.co.jpへ